Prime - RR-50 V3 ステッカーパック

【プライムのホイールって実際どうなの?】インプレやレビューから評判を徹底調査!!

“Primeのホイールって実際どうなの?”と思ったことがあると思います。ひと昔前は、「中華はダメ」、「中華は危険」と言われていましたが、最近では、GUSUTO(グスト)やWinspace(ウィンスペース)、HYPER(ハイパー)など中華でも性能に優れており、プロの現場でも使用されており、好評なものも多いです。逆に中華性はコスパが良く、「中華しか勝たん」という意見もあるほどです。しかし、未だAmazonの謎中華エアロカーボンハンドルなどがあるのも事実です。

winsace引用:winspace

結局、2022年現在は、「中華にはいい物あるし、悪い物もある」と言ったところではないでしょか…

そして、今回のお題である「Prime(プライム)」のホイールは果たしてどうなのかを判断していこうと思います!

Primeホイールとは?

Primeのホイールは、元々はCRC(Chain Reaction Cycles)から2016年に発売されたプライベートブランドです。その後CRCはWiggleに買収されたため、現在はWiggleとCRCのみで販売されています。Primeのホイールはコストパフォーマンスに優れている点が有名です。Primeのホイールは、ほとんどがカーボンホイールとなっており、他社のカーボンホイールに比べて半額以下で購入することができます。その最大の理由こそが、プライベートブランドという点です!プライベートブランドなので、中間業者に手数料を取られることがありません!これが、Primeの安さの最大の秘訣です。また、パーツが全てバラ売りされており、細かいところまで手が届きます。

rimeホイール引用:wiggle

インプレ(Twitter、Instagram)

1番大事な部分である「Primeのホイールは実際どうなのか?」という部分を調べていきます。TwitterやInstagramなどの各種SNSやレビューをまとめていきます。

これを言っては元も子もないですが、プライムのホイールは、世界を舞台に活躍している留目夕陽選手も2022年のU23全日本タイムトライアルにて、プライムホイールを使用し、優勝しています。留目選手の使用しているPrime 343 Discはこちら

プロ選手でもあり、Youtuberでもある”まささん”もプライムを使用しています。

超人気ホイールであるゾンダと比較しても評価が高いようです。

定価にして20万円以上もするカンパニョーロのボーラワンと比較しても遜色ない性能を秘めているようです。


プライムのホイールは価格だけで無く、性能もかなり好評です。

ホイールは見た目の面でも重要なパーツとなってきますが、ビジュアル面においても評価が高く、人気があるようです。

閲覧数順ランキング

2022年現在では、プライムのロードバイク用ホイールには、RR-V3とBlackEdition(ブラックエディション)の2種類があります。RR-V3がミドルエンド、BlackEditionがハイエンドとなっています。(BlackEditionはスポークやリムが異なっています)最安シルベではPrimeの全てのホイールを掲載しており、閲覧数順ランキングベスト5を紹介します。

ディスクブレーキ

1位:BlackEdition 38(ディスク、チューブレス用)

2位:BlackEdition 38(ディスク、チューブラー用)

3位:BlackEdition 85(ディスクブレーキ用)

4位:BlackEdition 50(ディスクブレーキ用)

5位:BlackEdition 60(ディスクブレーキ用)

リムブレーキ

1位:BlackEdition 38(リムブレーキ用)

2位:RR-38 V3(リムブレーキ用)

3位:BlackEdition 85(リムブレーキ用)

4位:RR-50 V3(リムブレーキ用)

5位:BlackEdition 50(リムブレーキ用)

他ブログ・他サイト様

Prime(プライム)のホイールの特徴は?種類や選び方をご紹介!(CYCLE NOTE様)
【Prime Baroudeurレビュー】実走してわかった長所・短所をインプレ!ステップアップホイールにピッタリ!(Yutori Seikatsu様)
【高コスパ!】Prime カーボンクリンチャーホイールをテストしてみた(FRAME様)
Prime BlackEdition 50 カーボンホイールセット(wiggle様)
Prime BlackEdition-38 最速インプレッション(関西ユルクライムT T様)
Prime – BlackEdition 50 カーボンホイールのインプレッション(ぽけっとまねーレーシング様)
カーボンホイール「Prime BlackEdition 28」を購入・インプレ(ゆるふ様)
【インプレ】Prime Black edition 38mmカーボンディスクホイールを1年使ってみた【ロードバイク】(yamadaiの青森ライフ様)
Prime – RR-50 V3 カーボンクリンチャーホイールのレビュー(スラニューBike!様)
Prime BlackEdition 38 カーボンディスクホイール(メリダ・スクルトゥーラを乗り倒せ様)

まとめ

最後にホイールのインプレッションをまとめます。

まとめ

①コストパフォーマンスに優れている
②剛性は柔らかすぎず、硬すぎない
③ハイトの高いホイールでも、比較的横風の影響は少ない
④重量は公称値と同じ
⑤ブレーキは良く止まる
⑥振動吸収に優れている
⑦他社のフラグシップモデルと比べると少しもっさり感(剛性が低め?)

基本性能は優れているが、フラグシップレベルのレーシングホイールと比較すると剛性が低めだと思われます。よって、ロングライド~レースまで問題使えますが、20万円以上クラスのホイールを使用して、レースに出る方にとっては多少剛性が足りないかもしれません。5~15万円クラスのホイールとしては、性能、価格共にトップクラスだと思われます!

Primeのホイールを全種類見たいと言った方にはこちらがおすすめです!【2022年最新】Prime(プライム)のホイールを全種類徹底比較・紹介!【ホイールナビ】

また、Primeのホイールは他社のホイールと重量や価格を比較してみて、初めてそのコスパのバケモノの差が分かると思います!こちらでは、最安シルベ内にある約150種類近くのホイールを重量順などに並び替えることができますが、Primeだけ価格がバグっています笑ロードバイク用ホイール150種類以上を徹底比較紹介!選び方やおすすめホイール、最安値まで!【ホイールナビ】

Primeのホイールは5~10万円の価格帯が多く、こちらではPrimeホイールが多く、他社の同じ価格帯のホイールと比較することができます。5~10万で購入できるホイール全種類を徹底比較紹介!おすすめホイールも!【ホイールナビ】

関連記事

  1. 身に着ける装備のエアロ効果

    【自転車科学】+2.0km/h!? 体に身に着ける各種装備の驚愕なエアロ効果!

  2. フジサムネ

    【フジ】第9回ロードバイクメーカー解説

  3. コンチネンタルロード系タイヤ全種まとめ

    【2022年最新】continental ロード系タイヤ全種類まとめ 

  4. ケーブル内装によるエアロ効果サムネ

    【自転車科学】数ワット削減!? ケーブル内装によるエアロ効果・増加速度を徹底分析!!

  5. ワイヤーカッター

    【コスパ最強】自転車用ケーブルもほつれず切断!ツノダ ワイヤーロープカッター

  6. おすすめバーエンドキャップ

    【2023年最新】おすすめバーエンドキャップ7選!!




公式ツイッター