Prime - RR-50 V3 ステッカーパック

【プライムのホイールって実際どうなの?】インプレやレビューから評判を徹底調査!!

“Primeのホイールって実際どうなの?”と思ったことがあると思います。ひと昔前は、「中華はダメ」、「中華は危険」と言われていましたが、最近では、GUSUTO(グスト)やWinspace(ウィンスペース)、HYPER(ハイパー)など中華でも性能に優れており、プロの現場でも使用されており、好評なものも多いです。逆に中華性はコスパが良く、「中華しか勝たん」という意見もあるほどです。しかし、未だAmazonの謎中華エアロカーボンハンドルなどがあるのも事実です。

winsace引用:winspace

結局、2022年現在は、「中華にはいい物あるし、悪い物もある」と言ったところではないでしょか…

そして、今回のお題である「Prime(プライム)」のホイールは果たしてどうなのかを判断していこうと思います!

Primeホイールとは?

Primeのホイールは、元々はCRC(Chain Reaction Cycles)から2016年に発売されたプライベートブランドです。その後CRCはWiggleに買収されたため、現在はWiggleとCRCのみで販売されています。Primeのホイールはコストパフォーマンスに優れている点が有名です。Primeのホイールは、ほとんどがカーボンホイールとなっており、他社のカーボンホイールに比べて半額以下で購入することができます。その最大の理由こそが、プライベートブランドという点です!プライベートブランドなので、中間業者に手数料を取られることがありません!これが、Primeの安さの最大の秘訣です。また、パーツが全てバラ売りされており、細かいところまで手が届きます。

rimeホイール引用:wiggle

インプレ(Twitter、Instagram)

1番大事な部分である「Primeのホイールは実際どうなのか?」という部分を調べていきます。TwitterやInstagramなどの各種SNSやレビューをまとめていきます。

これを言っては元も子もないですが、プライムのホイールは、世界を舞台に活躍している留目夕陽選手も2022年のU23全日本タイムトライアルにて、プライムホイールを使用し、優勝しています。留目選手の使用しているPrime 343 Discはこちら

プロ選手でもあり、Youtuberでもある”まささん”もプライムを使用しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

まさ / 高倉正善(@33_masa)がシェアした投稿

超人気ホイールであるゾンダと比較しても評価が高いようです。

定価にして20万円以上もするカンパニョーロのボーラワンと比較しても遜色ない性能を秘めているようです。


プライムのホイールは価格だけで無く、性能もかなり好評です。

ホイールは見た目の面でも重要なパーツとなってきますが、ビジュアル面においても評価が高く、人気があるようです。

閲覧数順ランキング

2022年現在では、プライムのロードバイク用ホイールには、RR-V3とBlackEdition(ブラックエディション)の2種類があります。RR-V3がミドルエンド、BlackEditionがハイエンドとなっています。(BlackEditionはスポークやリムが異なっています)最安シルベではPrimeの全てのホイールを掲載しており、閲覧数順ランキングベスト5を紹介します。

ディスクブレーキ

1位:BlackEdition 38(ディスク、チューブレス用)

2位:BlackEdition 38(ディスク、チューブラー用)

3位:BlackEdition 85(ディスクブレーキ用)

4位:BlackEdition 50(ディスクブレーキ用)

5位:BlackEdition 60(ディスクブレーキ用)

リムブレーキ

1位:BlackEdition 38(リムブレーキ用)

2位:RR-38 V3(リムブレーキ用)

3位:BlackEdition 85(リムブレーキ用)

4位:RR-50 V3(リムブレーキ用)

5位:BlackEdition 50(リムブレーキ用)

インプレ(レビュー)

ホイールの重量は、公称値と誤差が大きい場合も良くありますが、Primeのホイールは公称値と同じようです。

Excellent wheel。このホイール、リムブレーキ仕様のためか、在庫に入るのが非常に稀のようです。とにかく性能と価格のバランスがよく2セット購入しています。サンデーライダーが使用するには全く問題ないです。特に驚いたのが、横風に対して殆ど振られず、35km/h以上になると勝手に足が回される感覚があります。リムブレーキ用のカーボンホイールが品薄になる中貴重な存在と思います。あとチューブレスレディはパンク修理が困難なので、ビート上げ下げが簡単なクリンチャー(Goodyear Eagle F1 28mm 前後4bar)で使用しています。ご参考。あとホイール重量も公称値どおりでした。
引用:wiggle

リムが軽量かつ、ブレーキ面が加工されており、カーボンホイールですが、ブレーキもしっかり効くようです。

平坦と山岳の両立。ヒルクラメインでディープはどうも……と思ってましたが、リムが新型になり十分な軽さになったので試しに購入。ディープの剛性の高さは山でも大きな利点を感じます。これ一本でどこでもこなせますね。あんまり書かれてなかったのですが、ブレーキ面の加工が秀逸でよく止まります。付属のパッドでも十分でしょう。
引用:wiggle

軽い!早い!初めてのカーボンホイールへの交換です。こいでみて軽さに驚きました。巡航とクライミングが非常に楽になりました。リムハイト50mmですが、横風の影響は特に感じません。耐久性については、まだ長く乗っていない為分かりません。ただ、現時点で毎日乗っていても異音や違和感は全くありません。
引用:wiggle

満足しています。初めて購入した50mmハイトのカーボンホイールです。今までは35mmハイト、アルミとカーボンの複合素材ホイールを履いていました。製品の感想は以前のホイールとの比較になってしまいますが、まず何と言っても安価な価格が嬉しいです。次に注文してからですが自宅に届くまで通常配達にもかかわらず1週間ほどで届きました。バイクへの装着後ですが、リムの振れも全くなく、漕ぎ出しは今までのものよりも軽快なくらい、スピードに乗った後の巡航(30〜35キロ程度)も心地良いです。そしてかっこイイ。褒めてばかりですが、知多セントレア(ミドルディスタンス)アイアンマンのバイクパート平均速度29キロのレベルにとっては充分な性能を持っていると感じます。
引用:wiggle

万能、軽量。安価で万能で軽量、品質も良いホイールです。ディープには及ばないが空力もそこそこあると思います。平坦少なめの山岳コースには特に威力を発揮するでしょう。
引用:wiggle

ほかのレビューにもありますが、振動吸収性能にもかなり優れているようです。

振動吸収が良い。何より振動吸収が良くなったと感じました。滑らかなカーペットの上を進んでるようなイメージです。こぎ出しが軽く、その後の速度維持も楽になったように感じます。デザインはマットなので私の自転車のマットカラーと非常にマッチしています。
引用:wiggle

地味ながら高性能。アルミから交換して約200kmでの感想です。見た目は派手ではないですが、シルエットは気に入ってます。それより手のダメージが、かなり軽減出来ており購入して満足してます。
引用:wiggle

ホイールだけで無く、Primeのカーボンハンドルとなっています。丈夫なつくりとなっているようです。

性能・コスパ比で最高のハンドル。フルカーボンで剛性が高くしなりのないドロップハンドル、下ハンドルもエアロ化で細長くなっており色々と考えられている形状。ステムの取付部もオーバートルクと思える6Nmまで締め付けても問題が無かった、軟弱なハンドルだと簡単にミシッと嫌な音が聞こえるがこれは全く問題ない。買ってよかったハンドル。
引用:wiggle

他社ホイールと比較しても、性能がよくコストパフォーマンスに優れています!

軽い。今までノーマルタイプのリムしか使ったことがないので軽さに驚いた。回っている時の回転の軽さを音で実感できる。メーカー品と比べて比較的安いしお勧めできる。
引用:wiggle

性能、価格。ホビーユーザーには充分です。ボーラとの違いが分かる人がいるとは思えません。価格面,性能を考えればコスパは最高でした。
引用:CRC

他ブログ・他サイト様

Prime(プライム)のホイールの特徴は?種類や選び方をご紹介!(CYCLE NOTE様)
【Prime Baroudeurレビュー】実走してわかった長所・短所をインプレ!ステップアップホイールにピッタリ!(Yutori Seikatsu様)
【高コスパ!】Prime カーボンクリンチャーホイールをテストしてみた(FRAME様)
Prime BlackEdition 50 カーボンホイールセット(wiggle様)
Prime BlackEdition-38 最速インプレッション(関西ユルクライムT T様)
Prime – BlackEdition 50 カーボンホイールのインプレッション(ぽけっとまねーレーシング様)
カーボンホイール「Prime BlackEdition 28」を購入・インプレ(ゆるふ様)
【インプレ】Prime Black edition 38mmカーボンディスクホイールを1年使ってみた【ロードバイク】(yamadaiの青森ライフ様)
Prime – RR-50 V3 カーボンクリンチャーホイールのレビュー(スラニューBike!様)
Prime BlackEdition 38 カーボンディスクホイール(メリダ・スクルトゥーラを乗り倒せ様)

まとめ

最後にホイールのインプレッションをまとめます。

まとめ

①コストパフォーマンスに優れている
②剛性は柔らかすぎず、硬すぎない
③ハイトの高いホイールでも、比較的横風の影響は少ない
④重量は公称値と同じ
⑤ブレーキは良く止まる
⑥振動吸収に優れている
⑦他社のフラグシップモデルと比べると少しもっさり感(剛性が低め?)

基本性能は優れているが、フラグシップレベルのレーシングホイールと比較すると剛性が低めだと思われます。よって、ロングライド~レースまで問題使えますが、20万円以上クラスのホイールを使用して、レースに出る方にとっては多少剛性が足りないかもしれません。5~15万円クラスのホイールとしては、性能、価格共にトップクラスだと思われます!

Primeのホイールを全種類見たいと言った方にはこちらがおすすめです!【2022年最新】Prime(プライム)のホイールを全種類徹底比較・紹介!【ホイールナビ】

また、Primeのホイールは他社のホイールと重量や価格を比較してみて、初めてそのコスパのバケモノの差が分かると思います!こちらでは、最安シルベ内にある約150種類近くのホイールを重量順などに並び替えることができますが、Primeだけ価格がバグっています笑ロードバイク用ホイール150種類以上を徹底比較紹介!選び方やおすすめホイール、最安値まで!【ホイールナビ】

Primeのホイールは5~10万円の価格帯が多く、こちらではPrimeホイールが多く、他社の同じ価格帯のホイールと比較することができます。5~10万で購入できるホイール全種類を徹底比較紹介!おすすめホイールも!【ホイールナビ】

関連記事

  1. 東京 自転車

    【都心から20km以内】平日に行ける都内のヒルクライムコース5選!!

  2. 3本ローラー サムネ

    【厳選4種】おすすめ3本ローラー、コスパから乗りやすさ重視まで!

  3. シルベちゃん

    【バルブコア一体式しか勝たん!?】スローパンクに御用心

  4. おすすめバーエンドキャップ

    【2022年最新】おすすめバーエンドキャップ7選!!

  5. 【BMC】第8回ロードバイクメーカー解説

  6. パナソニック メーカー解説

    【Panasonic】第7回ロードバイクメーカー解説




公式ツイッター