ビフォーアフター

【新品同様】ラバー砥石(K-141)を使ってリムの汚れを綺麗にする方法!

このようにリムが汚れている方はいませんか~?雨の後のライドや時間が経つとあの美しいリムの輝きは失われていきます…。今回はそんな輝きの取り戻し方を徹底的に説明していきます!驚くほど綺麗になります✨

汚れたホイール

汚れるだけならましですがその汚れが異音の原因ともなるのです!(私が以前異音が出た際はリムを掃除することにより解決しました。)また、金属の破片や砂粒が付着しているとブレーキパッドの消耗が早くなります。さらに!汚れが付着しているとリム面が凸凹しているためブレーキの制動力も落ちてしまいます。実際にAmazonのレビューでもリムを掃除することにより制動力がかなり変わったというのが多数ありました。ブレーキパッドに金属片があったり、リムに汚れがあるとこのように傷つけてしまうことも珍しくありません。

そこで今回は汚れを落としてリムをピカピカにする秘密兵器を紹介します!価格は税込1000円程度です。Amazonなら600円で購入できます!)その商品の名は…HOZANのラバー砥石(K-141)です!

ホーザンk-141
引用:HOZAN公式サイト

HOZANラバー砥石(K-141)とは?

HOZANラバー砥石とは大阪の総合工具メーカーである株式会社HOZAN(ホーザン)の出している砥石です。そもそも砥石とは包丁や金属等を研磨・切削するための道具です。HOZANのラバー砥石は微粒の研磨粒によりヤスリ等と違い、母材にやさしくきれいに仕上げるのが特徴です。母材に優しいため自転車界隈ではリムの汚れ取りといったらHOZANのラバー砥石が真っ先に出てくるほど有名な商品です。

HOZANのラバー砥石は粗さの違う3種類が販売されています。

K-140かなり粗いのでリムに使用すると傷ついてしまいます。(ヤスリだと60番台)
K-141ちょうど良い粗さでリムに最適です!(ヤスリでいうと120番台)
K-142リムの仕上げ等に向いています!(ヤスリでいうと320番台)

K-141が最も自転車のリムには向いています。仕上げ用にK-142も購入してみるのもいいですが、私の体感ではK-141だけで十分が汚れがとれると思います。※カーボンリムの方はリムが傷ついてしまう可能性がありますので使用しないようにしてください。

 

さらにHOZANからK-145というラバー砥石ホルダーも販売されています。手に持って作業すると、手が汚れて黒くなったり、手の皮が剥けてしまう場合もあるので気になる方は使用をおすすめします。(価格は1,400円程度。Amazonなら1000円で購入できます。

引用:HOZAN公式サイト

 

実際に私も3年ほど前から使わせて頂いています。3年間使っている私からすると自転車乗りの必需品だと思っています!それだけこの商品は凄まじいのです!今回はホーザンのラバー砥石の使用方法、その効果も紹介していきます。ちなみに私の使用しているものは使いすぎてフィルムも無く、削れていますが3年間使用してもまだまだ使えます!

使用方法

①準備するもの

1.ラバー砥石・・・今回はK-141を使用します。K-142等でも作業手順は変わりません。
2.ホイール・・・もちろんこれが無いと始まりません。今回は半年以上掃除していないものを使用します。(タイヤを外したほうが作業しやすいですが付けたままでも問題ありません)
3.水・・・水が無くても作業することは出来ますが水に濡らして使用した方が早く汚れが取れます。
4.拭くもの
・・・タオルやテッシュ等、リムを拭く清潔なもの。準備するもの

②リムを拭く

リムに付いているオイル汚れや泥をタオルやテッシュ等で拭く。パーツクリーナーを使用するのがおすすめです。※タイヤのゴムを痛める場合がありますので、直接リムに吹き付けるのは避けましょう。リムを拭く

③水で濡らす

経験上、水に濡らして使用したほうが汚れが早く落ちます。水に濡らす

④とにかく擦る!

鉛筆の消しゴムを使用する時とほとんど同じです。「リムの消しゴム」です!少し力を入れて擦るとあっという間に綺麗になります。※タイヤを付けて作業する際はタイヤも擦らないように気を付けましょう。ひたすらこする

⑤仕上げ

最後にテッシュやタオルで削りカスを取りましょう。削りカス

3年ほど使用しているホイールですが、新品同様の見た目を取り戻しました✨綺麗なリム

比較

比較

まとめ

愛車が綺麗だと心も晴れやかになります!ブレーキパッドも千枚通しや爪楊枝で汚れを取ることによってブレーキの制動力は新品同様になります。ブレーキパッドの表面に金属片が付いている場合、リムが傷ついてしまうのでブレーキパッドも軽くラバー砥石で擦るのもおすすめです。時々リムを綺麗にてあげることによってブレーキパッドやホイールの寿命も伸びます♪

激安情報!

楽天やヤフーショッピングでは定価の1000円程度で販売されていますが、今ならAmazonで600円程度で販売されています。

 

ホルダーのほうも他サイトでは2000円ほどですが、Amazonなら1000円程度で購入することが出来ます。

 

MAVIC(マヴィック)にも3000円程しますが、ラバー砥石があります。

関連記事

  1. ラテックスチューブサムネ

    【最も速いチューブはどれだ!?】おすすめラテックスチューブ4選

  2. ブライトン410

    パワーからマップまで全部込みで2万円!コスパ最強サイクルコンピュータ

  3. 中華ホイールの真実

    【中華ホイールの真実】すぐ壊れる?コスパ最強?安くて安全なディープリムホイールとは!

  4. タックスネオvsフラックスs

    【その差10万円!!】Tacx NEO 2T Smart とTacx FLUX S Smart を長期使用インプレ 徹底比較

  5. 身に着ける装備のエアロ効果

    【自転車科学】+2.0km/h!? 体に身に着ける各種装備の驚愕なエアロ効果!

  6. 【購入可能!】世界最速のチェーンオイルMuc-off Ludicrous AFの販売サイト・性能を徹底紹介!




公式ツイッター