スパカズ ボトルケージ

スパカズのボトルケージって以外と多い?!全7種の”特徴”をそれぞれ紹介!

スパカズとは?

スパカズと言えばバーテープが有名ですが、サイクルアクセサリーブランドなのでバーテープ以外にも数多くの商品を販売しています。

スパカズの全商品を確認したい方はこちらから。今回はスパカズの中でも人気のあるボトルケージのシリーズを全て紹介していきます!

ボトルケージの魅力

・軽量

・デザイン

・実用性

軽量かつデザインが良くて実用的とまさに完璧なボトルケージなんです!

スパカズには7種類のボトルケージがあります。

フライケージ

フライケージ カーボン(FLY CAGE CARBON)

フライケージシリーズの万能なカーボンボトルケージです。軽さと保持力・耐久性を両立しています。カラーはオイルスリックやプリズマチック等派手な色からブラックやレッド等定番のカラーまで全9種類あります。

重さは25gと非常に軽量に仕上がっています。カーボン製なのでアルミ等と比べると少し高めの定価:6,600円(税込)となっています。

引用:supacaz

 

定価6,600円
Amazon4,000~6,500円
楽天6,000~6,500円
Yahoo!ショッピング5,742~6,500円

 

フライケージ アノダイズド(FLY CAGE ANODAIZD)

こちらはフライケージのアルミ製のモデルです。フライケージ アノとも呼ばれ非常に人気のあるモデルとなっています。人気の理由は重量です。

なんと18gとカーボンモデルより軽量に仕上がっています。価格はオイルスリックやゴールドは4,180円、通常のカラーは2,420円と比較的安いです。

引用:supacaz

 

定価2,420~4,180円
Amazon2,400~3,800円
楽天2,000~3,700円
Yahoo!ショッピング2,000~4,200円

 

フライケージ ポリ(FLY CAGE POLY)

こちらはポリカーボネート製のフライケージです。ポリカーボネート製にすることによって価格を抑えることに成功しています。

耐久性にも優れており、カラーも6種類あるので愛車のドレスアップにもピッタリです。価格は1,980円とリーズナブルな価格です。

引用:Amazon

 

定価1,980円
Amazon1,500円
楽天1,500円
Yahoo!ショッピング1,722円

 

フライケージ チタンフライ(FLY CAGE Ti FLY)

フライゲージのチタン製モデルです!チタンはアルミ等に比べて強度が高いのが特徴です。オイルスリックカラーと銀色の2種類があります。価格は少し高めの6,600円となっています。

引用:supacaz

 

定価6,600円
Amazon5,000円
楽天5,000~7,000円

 

スーパーライト カーボンボトルケージ(SUPERLITE)

こちらのSUPALITE(スーパーライト)は名前の通りスパカズの中で最も軽量なモデルです。

なんと驚異の11gです。ヒルクライムや軽量化したい方、スタイリッシュに仕上げたい方にピッタリのボトルケージです。

スパカズ カーボン引用:supacaz

定価6,800円
Amazon12,559円
Yahoo!ショッピング13,094円

 

サイドスワイプケージ(SIDE SWIPE CAGE)

こちらは左右からボトルが抜き差ししやすいように作られています。右利き用と左利き用両方あります。コスパも良く、2,000円以下で購入することが出来ます。カラーは黒・赤・黄色の3色あります。

引用:Amazon

 

定価1,980円
Amazon1,500円
楽天1,801円
Yahoo!ショッピング1,722円

 

トロン ポリ(TORN PORI)

こちらも右利き用と左利き用の2つがあります。形状もスタイリッシュかつスパカズロゴのワンポイントデザインが光るデザインとなっています。車体やバーテープの色に合わせて選ぶのもおすすめです。

引用:supacaz

 

定価1,540円
Amazon13,000円
楽天5,018円
Yahoo!ショッピング7,800円

 

スパカズ関連記事はこちらから↓

関連記事

  1. ジョウブレーカー最安購入サイト

    【2022年最新】ジョウブレイカー最安購入サイト紹介|性能・特徴を徹底紹介

  2. TORAY素材解説

    【東レ】ロードバイク素材メーカー解説

  3. サイコンボトル予備チューブトエアロ効果

    【1%の積み重ね】サイコン・ボトル・予備チューブの位置によるエアロ効果!(自転車科学)

  4. シルベちゃん

    【バルブコア一体式しか勝たん!?】スローパンクに御用心

  5. FUJIメーカー解説

    【フジ】第9回ロードバイクメーカー解説

  6. 3本ローラー サムネ

    【厳選4種】おすすめ3本ローラー、コスパから乗りやすさ重視まで!




公式ツイッター