ワイヤーカッター

【コスパ最強】自転車用ケーブルもほつれず切断!ツノダ ワイヤーロープカッター

自転車に乗っているといつかはぶち当たる壁…そうそれこそがワイヤーカット問題です。

ワイヤー

自転車の多くに使用されているのが、ホイールやタイヤでは無く!このワイヤーなのです。そんなワイヤーですが、全然、全然切れないんですよ!いや、冗談じゃなく!

困っちゃいますよね。(簡単に切れたらそれはそれで問題なのですが…)

そんな困りを解消する商品がこちら!ワイヤーカッター株式会社ツノダさんから販売されているワイヤーロープカッター(WC-150)です。今、百均のニッパーでいいだろと思いましたよね!?あえて言わせていただきましょう。

いいわけあるか!!と。(経験者は語る)

まぁ、結局は値段なわけですよ。1,000円ほどです。Amazon等で「ワイヤーカッター」調べていただければ分かりますが、ほぼほぼ最安値です。

性能紹介

さぁ、さっさと性能を紹介していきますよーーー!!

ワイヤーカッター特徴
引用:Amazon

情報過多でごめんなさいm(__)m とにかくほつれないのです!ほつれないこのことがどんだけ素晴らしいことか✨

要はこう言いうことです↓

切り口スッキリ
引用:Amazon

しかし!私は思うわけです。百均でもいけんじゃね?ということで…seri○さんで購入したニッパー↓

百均ニッパー

検証

初級編

ケーブルライナーに挑戦します。※ケーブルライナーとはフレーム内にケーブルを通す際に使用する細いケーブルです。

ケーブルライナー

百均のニッパーで切断します。

百均ニッパーで切断

切断面

こちらも問題なく切断することが出来ました。通常のはさみ等でも問題無いと思われます。(はさみの方が楽でしたw)

中級編

初級編では切れるのが当たり前です。みなさんが頭を抱え始めるのは中級編からです。シフトやブレーキ用のインナーケーブルです。

ワイヤーまずは百均で挑戦です!

百均カッター

中々切れません。何回かチャレンジしてたら…、そこは地獄絵図と化していました。

うまく切れないシフトワイヤー

こんなことになってしまいました(T T)。これでは切れたとこで断面がボロボロになってしまい、使い物になりません。

ようやく、本命…ツノダさんのワイヤーカッターの登場です!

ワイヤカッター切断

ドーーーーン!!

切断面シフトワイヤー

綺麗に切断することが出来ました✨ 流石ですね。これなら表面を削ったりしないでそのまま使用することが出来ます。

上級編

ラスボスの登場です。自転車の中で最も太いケーブルといっても過言ではないアウターケーブル様です!

アウターケーブル

百均では全く歯が立たないので、ツノダさんのワイヤーカッターで行きましょう!

アウターケーブル切断

切る際にこのようにケーブルが曲がってしまいます。

ワイヤーカッター切断途中

切断面はこのようになってしまいました。穴が塞がっているのでこのままではワイヤーを通すことが出来ません。

 

アウターケーブルつまり

このように安全ピンや千枚通しを使用することによって穴を広げることが出来ます。

安全ピンでつまり解消

ワイヤーを通すことが出来るようになりました。上級編では少し苦労しましたが、なんとか切断することが出来ました。(断面をもっと綺麗にしたい場合はヤスリ等で断面を少し削ってあげるのもおすすめです)

ワイヤー通す成功

おまけ

このワイヤーカッターは切断に優れているだけで無く、他にも様々な便利な機能が備わっているので紹介していきます!


“これ”
に見覚えありませんか?

エンドキャップ

そうです!ワイヤーエンドキャップです。これを止めるのにも先ほどのワイヤーカッターが活躍します。矢印で示している部分にエンドキャップを挟みます。

エンドキャップ固定部分

エンドキャップ固定

力強く握れば、ご覧の通り綺麗にエンドキャップを止めることが出来ます。(ペンチ等でも止められます)

エンドキャップ

ワンタッチ開閉ロック

地味に便利なのが開閉ロックです。

握るとロックが外れます。ワンタッチで外れるので非常に便利です。ロックするのもロックを外すのも容易にすることが出来ます。

他のシリーズ

ツノダさんのワイヤーロープカッターにはWC-150mm、200mm、225mmの3種類があります。今まで紹介してきたのはWC-150モデルです。WC-200mm/225mmではアウターケーブルの中にワイヤーケーブルを入れた状態でも綺麗に切断することが出来ます。(種類によって切断できるワイヤーのサイズが異なります)

WC-200mm/225mmのどちらも価格は2倍の2000円ほどです。

WC-225mm引用:Tsunoda

まとめ

今回は株式会社ツノダさんから販売されているワイヤーロープカッター(WC-150mm)を紹介しました。安全ピンや千枚通しを使用すればアウターケーブルもいけなくはないのかなといった印象です。確実(綺麗)に仕上げたい場合、シフトやブレーキ用のインナーケーブル程度の太さがおすすめです。ワンタッチ開閉ロックやエンドキャップを止める際に使用出来るのも便利です。値段を考えると個人的にはWC-150mmでアウターケーブルの切断をしてもいいかなといった印象ですが、頻繁に使用する方や綺麗に仕上げたい方はWC-200mm/225mmをおすすめします。※百均のニッパーはおすすめしません。

関連記事

  1. スペシャライズド

    【SPESALIZD】第6回ロードバイクメーカー解説

  2. おすすめバーテープ5選

    【2022年最新】人気ブランドから厳選!おすすめバーテープ5選!それぞれの性能・特徴を徹底解説!!

  3. アルテグラ

    【新型ULTEGRA 8100】徹底解剖!

  4. 23区周回コース紹介1

    【平日はこれで決まり】東京23区の周回コースを全て紹介!!(千代田区、港区、新宿区、中野区)No.1

  5. 最安11速化

    最安で11速化(105)するにはいくらかかるのか?複数パターンを計算

  6. ビアンキ

    【Bianchi(ビアンキ)】第2回ロードバイクメーカー解説




公式ツイッター